建設員

飛散防止フィルムで会社を災害から守ろう|安心して働ける職場

どんなものなのか

スリット加工というのは、特定の材料をロール状にしてくれる方法になります。これは、幅も希望することができるので必要な材料の幅と量を巻きとってもらえます。ですから、元々量が多い材料を希望通りに小さなロールに加工してくれるということになります。スリット加工を行なうとなれば、専用の機械となるスリッター機を使用します。このスリッター機には、1軸巻き取り機と2軸巻き取り機という二種類の機能がついており、この二つによって切断する幅と巻き取る長さを設定できるようになっています。切断方法にも二つあり、上下の刃を回転させながら切断するシアーカット方式と上刃を固定させて切断するレザーカット方式がありますので、どちらの方式がいいのかも決められます。

スリット加工は、材料を巻芯に巻き取るので、どれほどの長さを切断するのか決めておかないといけませんし、巻芯も長さに合わせて用意してもらうことになります。必要な量の材料によっては、細かい単位で必要だという場合がありますよね。そういった時は、1センチからの巻芯を用意している業者に任せるといいでしょう。そうすることで、必要な分だけを用意してもらえます。それに、スリット加工はほこりや虫などが入ってしまうと材料が使えないという状態になります。このようなことを避ける為に、業者によっては加圧してクリーンな環境にする為に空気清浄機を設置しているところもあります。そういった業者であれば、安心して任せられるのでネットなどで探してみて下さい。